フォトギャラリー・アンティーク振袖 几帳に松と菊

PHOTO GALLERY
夢

アンティークらしい落ち着いた色合いが特徴の大正時代から昭和初期にかけてつくられた黒地振袖。
几帳、檜扇、牡丹、菊など季節の花が淡いトーンで染められ、優しい風が吹いているような印象です。
小物選びは、着物の世界観に添うような、儚くも優しいニュアンストーンで。
当振袖の詳細・レンタルはアンティーク振袖 黒地 几帳に松と菊をご覧ください。